RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
あがり症を認知療法で克服するその2
認知療法であがり症を克服する場合の第三段階は、
スキーマを明らかにして、それを修正することになります。

ここで言う「スキーマ」とは、
その人の持つ絶対的な信念みたいなもので
「〜でなければならない」などの考え方を指します。

つまり、自らの行動に完璧さを求めたり、
自らを厳しく律したりする考えかたのことです。

あがり症の人は、
ある状況に置かれると心の中に潜んでいたスキーマが急激に活動を始めます。

そして、緊張してしまうような強い不安を感じてしまうのです。

あがり症の本人はスキーマの存在に気づいていないことが多い
ようですが、あがり症の人には確かにスキーマが存在するようです。

例えば「自分自身のことは完璧にコントロールすべきで、
人前で弱みを見せてはいけない」というスキーマを持っているとします。

この考え方を修正して、あがり症を克服していくのです。
どのように修正していけばいいのでしょうか。

例えば「どんな状況でも、常に完璧に自分自身を
コントロールすることは不可能である」と考え方、
修正してみてはどうでしょうか。

また、「多くの人は、他人の少々の欠点や弱点には
寛容でいてくれるはずだ」と考えてみてもいいでしょう。

「人前で自分の殻に閉じこもるより、
失敗しても自分のことをオープンにするほうがよっぽどいい」
と考えられるようになれば、あがり症か克服されたのも同じです。

絶対的信念であるスキーマを修正していくには時間がかかると思います。

しかし、あがり症を克服するためには
長い時間がかかるものですので、気長に取り組みましょう。

author:, category:あがり症 克服, 21:30
-, -, - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 21:30
-, -, - -