RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
あがり症を認知療法で克服する
あがり症を認知療法で克服していく場合、
どのような順序で進めていけばいいのでしょうか。

認知療法を行う場合、そのプロセスは大きく分けて3つになります。
3つの段階に分けてあがり症を克服していきます。

第一段階では、
あがってしまうという状況において感じたことをメモすることです。

あがり症の人の思考は大きくわけて3つの傾向にあるといわれています。

1) まず、自分自身に対する思い込みです。
これは発汗や赤面、手の震えなどの身体反応や、気の利いたことが言えないとか
教養が無いなどの欠点を他人に気づかれてしまうという思い込みです。

2) そして他人の評価に対する思い込みです。
自分の欠点や身体反応が気づかれた結果、他人は自分のことを低く
評価してしまうだろうという思い込みです。

3) 最後は他人の反応に対する思い込みです。
他人が自分のことを低く評価したことにより、自分にとって不都合な
行動をとるのではないか、という思い込みです。
例えば、自分が上手に答えられない質問を、
あえてしてくるだろうというように考えてしまうことです。

第二段階では、
これらの思い込みについて、ひとつひとつ検証していく作業に入ります。

あがり症の人は、
客観的な事実と自分の思い込みを取り違えてしまう傾向が強いようです。

自分が不安に感じているのだから、相手も「私が不安に感じている」ことを
気づいているはずだ、などと勝手に思い込んでしまうのです。

それは客観的な事実ではありませんが、あがり症の人は、
その状況になると勝手に思い込む傾向にあるようです。

author:, category:あがり症 克服, 04:35
-, -, - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 04:35
-, -, - -