RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
社会能力を伸ばしてあがり症を克服する
あがり症という一種の社会不安は、
その人が持っている社会能力に密接に関係しています。

例えば、社会不安を感じると、途端に社会能力が低下してしまう人がいます。

親しい友人の間では、楽しい話を沢山話すことができるにもかかわらず、
上司や先輩など目上の人を前にすると急に無口になってしまう人です。

このようなあがり症の人は、目上の人や人前などを意識し始めた途端、
緊張してしまうのでしょうか。

また、逆に社会能力の低さが社会不安を引き起こす原因となる場合もあります。

例えば、高級レストランで食事を取るような場合、
レストランでのマナーを知らない人はテーブル上に並べられたナイフとフォークを
見ただけで、緊張してしまうものです。

社会能力の低い人は、
日常の生活においてこのような状況に置かれることが多いわけです。

社会不安を感じるということは、マナーを知らない人と同じように、
その状況でどのように行動をとればよいのかよく分からないのです。

こうした事例考えると、テーブルマナーさえ十分知っていれば高級レストランでも
不安にならないように、日頃から社会能力を伸ばすことで苦手な状況をコントロール
できるようになってきます。

緊張してしまうような状況を上手にコントロールする社会能力を伸ばすことで、
あがり症という社会不安を克服できるのです。

高い社会能力を身に付けることができれば、
容易にエクスポージャーできるようになり、あがり症を克服できるようになります。

身の回りを見渡すと、人前であがってしまわない人がいると思いますが、
これらの人の多くは社会能力が高い人であるようです。

author:, category:あがり症 克服, 10:08
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:08
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://blush-up.jugem.jp/trackback/15