RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
抗うつ剤であがり症を克服する時の注意点
薬物療法として抗うつ剤もあがり症の克服に対して使用されていますが、
すべての抗うつ剤があがり症の克服に対して効果があるとは限りません。

一例ですが、従来から多く使用されてきている「三環系抗うつ剤」と呼ばれる薬は、
あがり症などの一種の「社会不安」に対しては効果が薄いといわれています。

あがり症の克服に使用される抗うつ剤は「SSRI」と呼ばれる比較的新しいタイプの薬で、
この薬は、従来の抗うつ剤が様々な神経伝達物質に作用するのに対して、
セロトニンと呼ばれる神経伝達物質だけに作用するという特徴があります。

セロトニンは心理的な障害に最も関わりが深いとされる神経伝達物質で、
SSRIは、神経の終末部分でセロトニンの量を正常に近い量にする効果があります。

SSRIは、いわゆるピンポイントで働きかけることに加え、副作用も少ないとされています。
さらに、この薬は「うつ」治療だけではなく、「パニック障害」や「強迫性障害」の
不安を抑える効果もあることから、様々な場面で処方されています。

抗うつ剤を日常的に使用するためには、
医師の指示に従い、多くの点に注意しなければなりません。

抗うつ剤の服用はβ遮断薬と異なり、処方期間が短時間で終了するのではなく、
少なくても半年から一年、場合によっては数年以上にかけて続ける必要があります。

また、数ヶ月の服用のおかげで効果が現れたとしても、
そこで満足して服用を止めてしまってはいけません。
突然服用を止めるとリバウンドの症状が発生することもあるといわれています。

抗うつ剤
の使用については注意点が多いことから、
必ず医師の処方に従うことが必要になります。

そして、抗うつ剤を使用したあがり症の克服には心理的なサポート、
つまり心理療法も併用して行うことが多いようです。

author:, category:薬物療法, 03:53
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 03:53
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://blush-up.jugem.jp/trackback/25