RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
精神安定剤や抗うつ剤
精神安定剤を服用することであがり症を克服することもできます。

最も多く用いられている精神安定剤は「ベンゾジアゼピン」です。

ベンゾジアゼピンはあがり症など、不安を原因とする症状や、
筋肉の硬直など「身体反応」に対して高い効果を発揮します。

しかし、
この薬を服用したからといって他人と積極的に関われるようになったり、
他人の視線に対してたじろがずに行動できるようになったりできません。

つまり、
一時的な不安を取り除くことはできるかもしれませんが、
その人の従来の行動様式を直ぐに変えるような効用はないということです。

むしろ、
そんな人の感情を左右するものがある方がおかしいですよね。

また、
あがり症を克服するためにベンジゾアゼピンを服用していて、
その服用を途中でやめた場合、従来にも増して、
より強い不安を感じてしまうこともあります。

つまり、
薬に頼りきっていて、結果的にリバウンドとして
あがり症の症状がより強くなってしまうこともあるのです。

そうした意味では、
この薬は依存性が高くなってしまって、
長期間に服用し続けると効果が薄らぐことにもなります。

最近では、こうした理由からベンジゾアゼピンが
あがり症の克服に対して処方されなくなってきました。

現在でも薬としては処方されていますが、
あがり症よりも症状の重い「社会恐怖」と呼ばれる
精神疾患の患者に対してのみ処方されるようになりました。

ところで、
抗うつ剤もあがり症の克服に効果があるといわれています。
ですから、うつ病でなくても、抗うつ剤が処方されるケースがあるのです。

抗うつ剤は、ネガティブな考え方や不安な感情、不自然な行動など
あらゆる症状においてポジティブな効果が期待できるようです。
author:, category:薬物療法, 08:19
-, -, - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 08:19
-, -, - -