RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
β遮断薬であがり症を克服する時の注意点
β遮断薬であがり症を克服する時にも、さまざまな注意点があります。

β遮断薬には心臓障害の一部やぜんそくなどの薬との併用においては
禁忌がありますので必ず医師の指示に従って服用して下さい。

また、β遮断薬はあがり症には強い効果が期待できますが、「内気」や
「全般性社会恐怖」には全く効果が無いということも理解しておきましょう。

この薬には即効性があるため、不安をもたらすような状況になる
約1時間前に服用すればいいようです。

不安を感じることが事前に分かるような講演会や演奏会などが始まる前に、
あらかじめ服用しておくとよいでしょう。

不安を感じる1時間くらい前に、医師から指示された量を服用することで、
効果が数時間にわたって持続します。

そして、定期的にこの薬を服用していると、
やがて薬の必要性を感じなくなり、
薬に頼らなくても済むようになることも多いようです。

薬を服用しながらであっても、不安を感じる状況にしだいに慣れていき、
やがて薬なしでも対応できるようになるようです。

即ち、あがり症を克服するためにβ遮断薬に過度に
依存してしまう危険性は高くないということです。

β遮断薬の使用状況は国によってもさまざまで、例えばフランスでは
「一時的な感情の高ぶりの結果、動悸や心拍数などに障害が発生した時」
に限られています。

一方、アメリカでの使用状況は一般化しており、なんと
プロミュージシャンのうち、約30パーセントがコンサート前に
服用しているというデータもあります。

同時に、その人達の70パーセント以上が医師の指示によってではなく、
自己判断によって服用しています。
author:, category:薬物療法, 07:00
-, -, - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 07:00
-, -, - -