RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
あがり症を薬物療法で克服する
あがり症を克服する方法として、薬物を使用する方法もあります。
即ち、薬物、つまり薬を服用してあがり症を克服しようとするものです。

薬物療法のひとつに「向精神薬」を服用する方法があります。

向精神薬とは精神安定剤や抗うつ剤、鎮痛剤や睡眠剤のこといい、
中枢神経系に作用して精神に影響を及ぼす薬のことを指してます。

これらの効用は、現在陥っている状況を変えて、
克服に向けて治癒していく「きっかけ」を与えるというものです。

つまり、薬物を服用するだけで「あがり症」を克服することはできないのです。

そのため、薬の効果を高めたり、薬の服用を止めたりしたときの再発を
防ぐために、心理療法との併用が望ましいといわれています。

向精神薬の使用上の注意点は沢山あります。

まず、医師によって定められた服用量を厳守することです。

そして、あらかじめ服用期間を決め、その薬の効果が現れているか
どうか定期的に医師に診断してもらうことも必要です。

副作用がひどい薬は避けたほうがいいようですが、
副作用があっても薬の効果を上回らないよう配慮しましょう。

医師による診断のもと、その薬が本当に必要かどうかよく考えて、
薬が一定の効果をもたらす場合にのみ服用しなければなりません。

効果が期待できないのに長期間にわたって薬物を服用し続けることは、
むしろ害となるようです。

薬物による治療は、心理療養を併用して始めて効果が現れるといいます。

その為、薬物を服用する時は心理的なサポートを併せて行いたいものです。

定期的に医師に診断してもらい、本格的な心理療法を採用すれば、
薬物による効果は大きく現
author:, category:薬物療法, 07:00
-, -, - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 07:00
-, -, - -