RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
あがり症を克服するために苦手な状況に立ち向かう
あがり症を克服していくためには、
苦手な状況をひとつひとつクリアしていく必要があります。

誰でも苦手な状況を避けて過ごしたいと考えるものですが、
あがり症の人にとってはその意識が更に強いものになっているといえるからです。

自分の恐れている状況を避けてしまうことは、ごく自然なことであると思います。
しかし、あがり症の人が、あがってしまう状況から逃げ続けると、
更にあがり症の症状は悪化していくことになります。

苦手な状況を避け続けていると、その状況はずっと苦手なままになってしまいます。

苦手な状況を避けることを「回避行動」といいますが、
その回避行動には大きく分けて2種類あります。

まず、状況からの回避です。
これは、あがってしまう状況にあえて身を置かないことをさします。
・ 同僚と一緒に食事に行かない
・ パーティーに出席しない
などといった日常何気ないところにも回避行動がおきるようです。

また、回避できなかった行動からの逃避、というのも一種の回避行動です。
例えば、出席してしまったパーティーで
・ 他人とコミュニケーションしない
・ 発言しない
という行動などです。

このような回避行動を繰り返していると、回避行動は習慣化されていきます。
習慣化されると、次の段階では回避行動の度合いがひどくなっていく場合もあります。

こうなるとあがり症を克服するどころか、症状はますます重くなっていきます。

苦手な状況に立ち向かうためには「エクスポージャー法」が有効な手段です。
エクスポージャー法は1人でも実践できる方法です。

是非とも挑戦してください。
author:, category:あがり症 克服, 01:24
-, -, - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 01:24
-, -, - -