RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
あがり症を克服するための考え方
あがり症である人は、
自分に対しての目標が非常に高いものであることが多いようです。

自分に対して多くのことを求め、自分に対して厳しすぎる傾向にあるのです。

あがり症でない人のように「みんなに好かれなくてもいいではないか」とか
「完璧に物事をこなさなくてもいいではないか」と考えることがなかなかできません。

さらに、あがり症の人はネガティブな思考をしてしまいがちです。

例えば、人前で話しをする時には何か気の利いたことを言わなければならない
と考えたり、自分が不安に感じていること自体を他人に知られてはいけないなど
と考えたりします。

こうした考え方が極端にナンセンスでネガティブであるということを感じなくては
なかなかあがり症の克服はできません。

これらの考えから開放されることで、はじめてあがり症を克服できるのです。

例えば、会話が途切れたり、つまらない話をしてしまったりしても
「しょうがないこと」と考えてみてください。お笑いタレントでもなかなか旨く
ことばかりではありません。ましてや一般人の私たちが、会話が面白くなくて
途切れてしまうことは当たり前ではないでしょうか。

緊張していることが相手に伝わっても、けして軽蔑する人なんてまずいません。

ですから、まずは自分自身に対する要求もほどほどにしておきましょう。
自分に対しての要求は、たまには甘くてもいいのです。

あがってしまうような状況では
「適当でいいじゃないか、肩の力を抜いてゆっくり行こう」と考えてみてください。
緊張していること自体、ばかばかしく思えてくるかもしれません。

author:, category:あがり症 克服, 14:15
-, -, - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:15
-, -, - -