RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
あがり症を克服する前に考えること
人前に出ると過剰に緊張して冷や汗が出てしまったり、
顔が赤くなったりする人は、あがり症です。

大勢の人を前にするとなかなか言葉が出てこずに上手くに話せない、
視線が気になって食事ができない、手が震えて字を書くことができない、
という人もいることでしょう。

こうしたあがり症の人は、その症状を何とか克服したいと考えるものです。

人前であがってしまったり、顔が赤くなってしまったりすることは誰にでもあることです。

知らない人が沢山いる前で話をしなければならない状況や、好きな人が目の前にいる
ような状況では、どんな人でも緊張しドキドキしてしまうものですが、それは極めて
自然な現象で何の異常でもなく、何も心配する必要はありません。

しかし、度を過ぎたあがり症で社会に適応できず、
家に閉じこり会社や学校に行けない人もいるようです。

あがり症があると、しだいに人と関わることを避けるようになってきます。
緊張してあがってしまうのを恐れてばかりいると、
自ずとそのような状況に自分を置くことを避けてしまうのです。

そのようか環境が続けば、自分の世界に閉じこもるようになり、
社会から隔絶してしまうのです。

こうなってしまうと悪循環で、人とコミュニケーションできないことが、
さらにあがり症の症状を悪化させてしまうのです。

健全な社会生活を営んでいくためには、人とのコミュニケーションが不可欠です。

家に閉じこもり、他人とのコミュニケーションを自ら絶ってしまうような人は、
積極的に専門の医療機関に相談して、早期にあがり症を克服すべきではないでしょうか。

author:, category:あがり症 克服, 07:00
comments(0), trackbacks(0), - -
社会能力を伸ばしてあがり症を克服する
あがり症という一種の社会不安は、
その人が持っている社会能力に密接に関係しています。

例えば、社会不安を感じると、途端に社会能力が低下してしまう人がいます。

親しい友人の間では、楽しい話を沢山話すことができるにもかかわらず、
上司や先輩など目上の人を前にすると急に無口になってしまう人です。

このようなあがり症の人は、目上の人や人前などを意識し始めた途端、
緊張してしまうのでしょうか。

また、逆に社会能力の低さが社会不安を引き起こす原因となる場合もあります。

例えば、高級レストランで食事を取るような場合、
レストランでのマナーを知らない人はテーブル上に並べられたナイフとフォークを
見ただけで、緊張してしまうものです。

社会能力の低い人は、
日常の生活においてこのような状況に置かれることが多いわけです。

社会不安を感じるということは、マナーを知らない人と同じように、
その状況でどのように行動をとればよいのかよく分からないのです。

こうした事例考えると、テーブルマナーさえ十分知っていれば高級レストランでも
不安にならないように、日頃から社会能力を伸ばすことで苦手な状況をコントロール
できるようになってきます。

緊張してしまうような状況を上手にコントロールする社会能力を伸ばすことで、
あがり症という社会不安を克服できるのです。

高い社会能力を身に付けることができれば、
容易にエクスポージャーできるようになり、あがり症を克服できるようになります。

身の回りを見渡すと、人前であがってしまわない人がいると思いますが、
これらの人の多くは社会能力が高い人であるようです。

author:, category:あがり症 克服, 10:08
comments(0), trackbacks(0), - -
上手にコミュニケーションしてあがり症を克服する
上手にコミュニケーションするということは、
あがり症の克服に大きく関わっていると言われています。

あがり症という一種の社会不安は、社会能力と呼ばれるものに
密接に関わっていることが多いのです。

社会能力とは、私たちが生きてくる過程で
「他人とどう付き合ってきたか」という行動様式のことを指します。

あがり症を克服するというのは、その社会能力を高めることで、
言い換えると社会能力が高い人ほど的確で効果的な、
好感の持てるコミュニケーションができるのです。

ここで問題となるのは、
上手なコミュニケーションとはどのようなものか、ということです。

自分の意図する事を相手に正しく伝える能力と、
相手の意図するところを正しく理解したりという
言葉によるコミュニケーション能力ももちろん関係してきます。

それ以外にも、話をしている時に相手の目を見るとか、
聞き取り易い声で話すなど、対話の仕方も大きく関係してくるようです。

私たちはこうした社会能力を教育や親のしぐさなどから真似たりと、
様々な体験から身につけています。

経験の差から上手にコミュニケーションできる人と、
そうでない人が生まれてしまうようです。

しかし、上手なコミュニケーションの方法を学ぶことに
遅すぎるということはありません。

自分の考え方ひとつで社会能力を伸ばすことは可能なのです。

あがり症で悩んでいる人、あがり症を克服しようとする人は、
こうした社会能力を伸ばすことを念頭に対応してみてはいかがでしょうか。
author:, category:あがり症 克服, 07:00
-, -, - -
心理療法であがり症を克服する
あがり症の克服には、
薬物療法に加えて心理療法の併用が望ましいと言われています。

あがり症を克服しようと薬物療法を行っている人に対して精神的に
バックアップし、的確なアドバイスを行うことが心理療法の目的と
なっています。

薬剤に期待できる効用は、
あがり症という障害を直接取り除くことではなく
「あがってしまう」という不安を軽くすることだけです。

また、短期間では薬物療法のほうが高い効果が得られたが
長期間にわたる効果は心理療法のほうが高いとする報告もあります。

薬物療法は、あがり症という
「社会不安」を乗り越えるきっかけを作ることになります。

しかし、同じような状況に遭遇するたびに繰り返される「あがり症」
という症状は大きく心に根付いているため、これを完全に取り除く
ためには薬だけでは不十分です。

あがり症を克服するためには、別の考え方や行動様式を
身に付けることが重要になってくるのです。

そのためにも、心理療法は非常に重要な手段となっています。

心理療法はどのように行われるのでしょうか。

心理療法では「あがり症」に悩む人が、「あがってしまう」状況に
積極的に立ち向かうようにサポートしていくことになります。

重要なポイントは、苦手な状況から逃げ出さないこと、ものの見方や
考え方を変化させること、上手なコミュニケーションの仕方を学ぶ
ことにあります。

心理療法においては、薬物療法を併用するか否かに関わらず、
このような方法で行われるようです。

author:, category:あがり症 克服, 07:00
-, -, - -
不安な状況から逃げないであがり症を克服する
あがり症である人は、不安を感じる状況から逃げ出し、
自分だけの小さな殻に閉じこもろうとする、といわれます。

不安な状況に身を置かないよう、不安を少しでも和らげてくれことへ、
無意識のうちにこのような行動をとってしまうというものです。

あがり症を克服するためには、ここを確りと意識してこのような行動を取らないで、
不安を感じる状況から「逃げ出さない」で、向き合うことが大切になってきます。

あがり症を克服するための治療を何も行っていないのにもかかわらず、
あがり症が改善された、というケースがあるのは当たり前です。

こうしたケースは医者などの精神治療を始める前に不安を感じる状況に立ち向かい、
それを克服してしまった人がいるということです。

このようなケースは子どもに多いと言われています。

親が子どもに対して積極的に他人と関わりあえるような状況を作り出すことで、
子どものあがり症は比較的簡単に改善していく傾向にあるようです。

しかし、大人になると子どものように簡単にはいきません。

いったん確立してしまった不安な状況から逃げ出すという行動様式を
成人してから変えるというのはなかなか難しいといわれるからです。

このような行動様式を変える訓練として有効とされている方法が、
エクスポージャー法」です。

この方法は曝露療法とも呼ばれ、不安に感じる状況にあえて身を置き、
その状況に身をさらすという訓練になります。

あがり症の人は、不安な状況から逃げ続けている限り、
その不安に対する恐れを取り除くことはできません。

あえて不安を感じる状況に立ち向かっていくことで、
その不安は少しずつでも軽減されていくはずです。

author:, category:あがり症 克服, 09:02
-, -, - -
あがり症を克服する前に考えること2
昔からあがり症を克服することは、非常に難しいことであると言われてきました。
とくに成人してからあがり症を克服することは不可能であると言う人もいます。
そのため、あがり症の人は「極度にあがってしまう」ということを精神障害や人格障害として捉えていることもあるようです。
あがり症に悩む多くの人が誤った認識のもとで、治療を諦めてきました。
しかし、その認識は誤ったものであると思います。
何歳になってもあがり症は克服できるのです。

あがり症は単なる身体の癖であり、生まれつきや成人してから発症した病気や障害ではない、ということを頭に入れておきましょう。
あがり症に悩む人は、何歳くらいからあがってしまうようになったのでしょうか。
恐らく、幼児期のころは「あがり症」とは無縁の生活を送っていたことでしょう。
生まれつき「あがり症」である人は皆無です。
あがり症の症状は、成長とともに周囲の環境から作られていくものなのです。
そして、神経や脳の障害が原因とされる自閉症や精神病ともまったく異なったものです。

あがり症の原因をあえて突き止めるならば、幼児期におけるストレスや情緒不安であるかもしれません。
幼児期にはあがり症という症状は出ずに、人見知り程度で済んでしまい、本人も周りの大人もまったく気づいていない状態です。
しかし、思春期以降の多感な時代に強いストレスを受けると次第にあがり症の症状が出てくるといわれています。
そして、それが習慣化してしまうと身体の癖になってしまうのです。

author:, category:あがり症 克服, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
あがり症を克服する前に考えること3
多くの人は緊張しやすい体質の人があがり症になると考えているようです。
沢山の人を前にしてスピーチなどをする場合、どんな人でも緊張することと思います。
あがり症の人は緊張するからあがってしまうのではなく、「あがってしまったらどうしよう」と考えるから緊張してしまうのではないでしょうか。
あがってしまうから緊張し、実際に緊張してしまうと不安になりあがってしまう、という悪循環に陥ってしまうようです。

あがり症の症状はある特定の状況で起きると言われています。
まず、人を相手にしたコミュニケーションを行う時に起きます。
そして極度の不安や緊張が引き金になって起きており、その緊張が続けば続くほど症状が強く出できます。
時間が経過すると治癒するものではなく、ますます重症になるケースもあるようです。
そしてあがり症だけでなく赤面やどもりなどの複数の症状を併発すること、などが挙げられます。

あがり症や赤面、どもりなどの症状の原因は同じところにある、という考え方もあります。
あがり症で悩んでいる人がいるなら、人前で話をする時のことを注意深く振り返ってみてください。
あがりや赤面に気をとられて気づかないこともあると思いますが、言葉が出にくかったり、詰まってしまったりということもあるでしょう。
同時に手足が震えたり、冷や汗をかいていたり、動悸が激しくなっていたりすることもあるかもしれません。

このようなことを考えれば、どもりや赤面を克服することが、あがり症を克服することになるようです。

author:, category:あがり症 克服, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -