RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
心理療法であがり症を克服する
あがり症の克服には、
薬物療法に加えて心理療法の併用が望ましいと言われています。

あがり症を克服しようと薬物療法を行っている人に対して精神的に
バックアップし、的確なアドバイスを行うことが心理療法の目的と
なっています。

薬剤に期待できる効用は、
あがり症という障害を直接取り除くことではなく
「あがってしまう」という不安を軽くすることだけです。

また、短期間では薬物療法のほうが高い効果が得られたが
長期間にわたる効果は心理療法のほうが高いとする報告もあります。

薬物療法は、あがり症という
「社会不安」を乗り越えるきっかけを作ることになります。

しかし、同じような状況に遭遇するたびに繰り返される「あがり症」
という症状は大きく心に根付いているため、これを完全に取り除く
ためには薬だけでは不十分です。

あがり症を克服するためには、別の考え方や行動様式を
身に付けることが重要になってくるのです。

そのためにも、心理療法は非常に重要な手段となっています。

心理療法はどのように行われるのでしょうか。

心理療法では「あがり症」に悩む人が、「あがってしまう」状況に
積極的に立ち向かうようにサポートしていくことになります。

重要なポイントは、苦手な状況から逃げ出さないこと、ものの見方や
考え方を変化させること、上手なコミュニケーションの仕方を学ぶ
ことにあります。

心理療法においては、薬物療法を併用するか否かに関わらず、
このような方法で行われるようです。

author:, category:あがり症 克服, 07:00
-, -, - -
エクスポージャー法であがり症を克服する時の注意点その3
あがり症を克服するにはエクスポージャー法は大変有効な方法で、
「あがり症」を治療する専門家たちも、この方法の重要性を認めています。

エクスポージャー法であがり症を克服した人たちの中で、
その後にわたって自発的にこの方法を実践した人は、
さらに「あがり症」の症状が改善されていくようです。

エクスポージャーによって得られた成果は、
2年以上経過しても変化しなかったという報告もあるようです。

さらに、エクスポージャーに成功すると、
その人の考え方も変化していくようです。

何年間にもわたって逃げ続けてきた状況に立ち向かおうとすることで、
乗り越えることができたら周囲の自分への評価も大きく変化するはずです。

あがり症を克服するといって部屋に閉じこもり、
あれこれと原因を探してみても始まりません。

あがる原因を探しているだけでは問題の解決にはならないのです。

まず、部屋から飛び出しましょう。

そして、どんな小さなことでも結構ですから、
あえて不安に身をさらすことができれば「あがり症」を克服する
一歩を踏み出したことになるのです。

いったん始めてしまえば、思っていたより簡単である、
ということに気づくかもしれません。

とにかくやってみることです。

あがってしまった時には、胸で呼吸するのではなく、
腹から呼吸するように心がけてみてください。

3秒で息を吸い、1秒間とめて3秒で吐くということを繰り返してみましょう。

このような呼吸法は気分が落ち着くと言われています。
author:, category:エクスポージャー法, 13:30
-, -, - -
エクスポージャー法の注意点 その2
エクスポージャー法を成功させるためには、
どんなことに注意したらいいのでしょうか。

エクスポージャーは時間をかけて十分に行うことが大切です。

あがってしまうという不安がやわらいでいくまで、
20分以上かかるといわれており、短時間で済むものではありません。

そして、アクスポージャーは繰り返し行う必要があります。

日常生活の妨げになるほどのあがり症を克服したいのであれば、
時間を惜しんではなりません。

1日あたり30分前後の時間をとって実践することが望ましいといわれています。

重度のあがり症の場合、エクスポージャーを繰り返すうちに、
あがり症の症状を克服する速度が遅くなっていく場合があります。

しかし、ここで焦ってはなりません。
あがってしまうという不安は、少しずつでも改善されていくはずです。

エクスポージャーは徹底して行う必要があります。

あがってしまうからといって、
他人の視線から逃れようとする回避行動を決してとらないことです。

エクスポージャーを繰り返しても症状が改善しない場合は、
ちょっとした回避行動をとっていないか振り返ってみましょう。

回避行動が身に付いてしまっている場合、
無意識のうちに行っているケースもあるようです。

エクスポージャーの実践中は、自分自身に集中しすぎないことも大切です。

エクスポージャーをしている時は、自分自身ではなく、
外部のことに意識を集中するようにしてください。

あがり症の人は、意識を外部に持っていけばいくほど、
あがってしまうという不安は軽減されていくようです。

author:, category:エクスポージャー法, 07:00
-, -, - -
エクスポージャー法の注意点 その1
エクスポージャー法であがり症を克服したい人には、
何点かの注意すべきところがあります。

まず、エクスポージャー法を実践している最中に感じる不安は、
最初は耐え難いほどつらいものであると思います。

しかし、こうした苦痛はいつか必ず和らいでいくということです。
このことを肝に命じながら、あがり症の克服に取り組みましょう。

中には、激しい不安に襲われると
「このままの状況が続くと、いつかパニックを起こすではないか」
と感じることもあるかもしれません。

さらに
「この不安は今後ずっと続いて、心身ともに疲れきってしまうのではないか」
と思うかもしれません。

しかし、その状況から逃げ出したり、
うつむいたまま黙り込んだりしてしまわずに立ち向かうことが大切です。

どんなに強い不安でも、必ずその不安は和らいでいくものです。

そしてエクスポージャーは繰り返し何度も行わなくてはなりません。

あがってしまうという一種の社会不安は、
たった一度のエクスポージャーでは消え去るものではありません。

たとえ一回のエクスポージャーに成功したとしても、
次回からまったく「あがらなくなる」ということにはなりません。

しかし、徐々に不安が減少していくことには変わりありません。
本当に少しずつの変化であるということも頭に入れておきたいものです。

エクスポージャー法は、だれでも簡単に実践できる訓練法ですので、
あがり症に悩む人はぜひとも挑戦してみてはどうでしょうか。

author:, category:エクスポージャー法, 13:00
-, -, - -
あがり症を薬物療法で克服する
あがり症を克服する方法として、薬物を使用する方法もあります。
即ち、薬物、つまり薬を服用してあがり症を克服しようとするものです。

薬物療法のひとつに「向精神薬」を服用する方法があります。

向精神薬とは精神安定剤や抗うつ剤、鎮痛剤や睡眠剤のこといい、
中枢神経系に作用して精神に影響を及ぼす薬のことを指してます。

これらの効用は、現在陥っている状況を変えて、
克服に向けて治癒していく「きっかけ」を与えるというものです。

つまり、薬物を服用するだけで「あがり症」を克服することはできないのです。

そのため、薬の効果を高めたり、薬の服用を止めたりしたときの再発を
防ぐために、心理療法との併用が望ましいといわれています。

向精神薬の使用上の注意点は沢山あります。

まず、医師によって定められた服用量を厳守することです。

そして、あらかじめ服用期間を決め、その薬の効果が現れているか
どうか定期的に医師に診断してもらうことも必要です。

副作用がひどい薬は避けたほうがいいようですが、
副作用があっても薬の効果を上回らないよう配慮しましょう。

医師による診断のもと、その薬が本当に必要かどうかよく考えて、
薬が一定の効果をもたらす場合にのみ服用しなければなりません。

効果が期待できないのに長期間にわたって薬物を服用し続けることは、
むしろ害となるようです。

薬物による治療は、心理療養を併用して始めて効果が現れるといいます。

その為、薬物を服用する時は心理的なサポートを併せて行いたいものです。

定期的に医師に診断してもらい、本格的な心理療法を採用すれば、
薬物による効果は大きく現
author:, category:薬物療法, 07:00
-, -, - -
エクスポージャー法であがり症を克服するその3
エクスポージャー法であがり症の克服に取り組む際、エクスポージャーを行った
後は、その結果を細かく評価することが大切になってきます。

結果を細かく評価して、あがり症を段階に分けて克服していくのです。

この時、最初の目標を決して高くしすぎることなく、
適度に段階的に上げていくことが重要になってきます。

例えば、人前に出て話をすることがまったくできない人に対して
「十分間落ち着いて冗談交じりに話をすること」という目標を
設定することには無理があります。

あがり症に悩む人が、自分のエクスポージャーの結果を低く評価してしまい、
さらに自信を失ってしまうことにもなりかねません。

このような場合、最初の目標は「小さな声でも構わないから質問してみる」
とか「他人の意見に対して賛成の意思を上手に示す」ということぐらいが
妥当でしょう。

この時点では、内容はどうであれ実際に人前で話ができたかどうか、
ということが重要になってくるからです。

このような経験を積み重ねることによってあがり症に対する不安が
少しずつ和らいでいくことでしょう。

落ち着いて話ができるようになるには、
もっと経験を積んでから、段階的に挑戦していきます。

長い時間をかけて最初に設定した目標が達成できる頃になると、
目標で設定した以外のことについても自発的にエクスポージャー
できるようになってきます。

このようになればしめたものです。

飛躍的にあがり症の症状は克服され、
人前に出て話をすることにも抵抗が無くなってくるはずです。

author:, category:エクスポージャー法, 07:00
-, -, - -
エクスポージャー法であがり症を克服するその2
エクスポージャー法の前段階の準備において、問題点をはっきりさせて
難易度順に並べ替えることは、あがり症の克服への重要な第一歩となります。

この時、大切なことがあります。

不安を感じてしまう状況について、
細かい事まで正確に記録しておくことが重要です。

例えば、不安を感じる相手の身分や性別、年齢、事前に予想がつく状況かどうか、
何人くらいを相手に話しをする時かどうか、などです。

このことは、本人のあがり症の度合いを左右する大きな要素となるからです。

エクスポージャー法の実践は、難易度順に並べられた事項について、
易しいことから克服していきます。

易しい事項については比較的簡単にクリアできると思います。

しかし、本人が長期間にわたって避けていた状況や、
過去に一度も遭遇したことのない困難な状況については、
それらを克服するまでに多少の困難な時間かかります。

エクスポージャー法の最大の目的は、あがってしまう状況を克服し、
本人に自信をつけさせることにあります。

そのため、同じような状況について、
1度だけでなく何度も繰り返し行うことが大切になってきます。

不安を感じる状況を克服するたびに、難易度を1ランクアップしていきます。
この時、これまでの不安が半減する程度になったらランクアップしていきましょう。

あまり早い段階で難易度を引き上げてしまうと、むしろ効果は半減してしまいます。
あがり症の克服には時間がかかることを考慮しながら、取り組んでいきましょう。

author:, category:エクスポージャー法, 12:17
-, -, - -
エクスポージャー法であがり症を克服するその1
エクスポージャー法であがり症を克服するためには、
まず自分自身の問題点をはっきりさせる分析が大切になってきます。

自分がどのような状況に置かれるとあがってしまうのかなどを整理することが、
あがり症の克服への第一歩となるといわれているです。

例えば、ひどく散らかった家があり、その家を片付けなくてはならないとします。

この家をどうにかして片付けなければならない、という対象として見ている限り、
どこから、どのよう手をつけていいのか分からず途方にくれてしまいます。

しかし、まずはこの部屋から片付けてしまおうとか、
このあたりから手をつけようなどと、問題点を分割してとらえ、
対処することができれば、むしろ短時間に、より効率的に家を
片付けることができる場合も多いのではないでしょうか。

あがり症の克服については、これと同じことがいえるようです。

あがり症の人が治療を受ける際、自分の問題を上手に説明できなくて
途方にくれてしまう人が多いといわれます。

何とかあなたのあがり症を克服できるように手助けしようとする人も
単に「とってもあがり症なのです」と言われても、
どこから手を付けていいのか分かりません。

こうした際には「いつ、どこで、誰と、何をしている時に」あがってしまうのかなど
その立場や周辺状況など、出来る限り問題点を整理することから始まります。

そして、自分がどのような状況に置かれるとあがってしまうのか、
不安の強さを感じる順番に整理して、それをリストアップしていきます。

嫌でも何とか立ち向かうことのできる状況はどれか、いつも必ず避けて
しまうほど不安の大きい状況はどれか、ということを整理していきます。

これらの作業はエクスポージャー法を実践する前段階の重要な作業となります。
author:, category:エクスポージャー法, 04:00
-, -, - -
不安な状況から逃げないであがり症を克服する
あがり症である人は、不安を感じる状況から逃げ出し、
自分だけの小さな殻に閉じこもろうとする、といわれます。

不安な状況に身を置かないよう、不安を少しでも和らげてくれことへ、
無意識のうちにこのような行動をとってしまうというものです。

あがり症を克服するためには、ここを確りと意識してこのような行動を取らないで、
不安を感じる状況から「逃げ出さない」で、向き合うことが大切になってきます。

あがり症を克服するための治療を何も行っていないのにもかかわらず、
あがり症が改善された、というケースがあるのは当たり前です。

こうしたケースは医者などの精神治療を始める前に不安を感じる状況に立ち向かい、
それを克服してしまった人がいるということです。

このようなケースは子どもに多いと言われています。

親が子どもに対して積極的に他人と関わりあえるような状況を作り出すことで、
子どものあがり症は比較的簡単に改善していく傾向にあるようです。

しかし、大人になると子どものように簡単にはいきません。

いったん確立してしまった不安な状況から逃げ出すという行動様式を
成人してから変えるというのはなかなか難しいといわれるからです。

このような行動様式を変える訓練として有効とされている方法が、
エクスポージャー法」です。

この方法は曝露療法とも呼ばれ、不安に感じる状況にあえて身を置き、
その状況に身をさらすという訓練になります。

あがり症の人は、不安な状況から逃げ続けている限り、
その不安に対する恐れを取り除くことはできません。

あえて不安を感じる状況に立ち向かっていくことで、
その不安は少しずつでも軽減されていくはずです。

author:, category:あがり症 克服, 09:02
-, -, - -
リンク集16
当サイトは、リンクフリーです。
ご自由にリンクいただいて結構です。
一切の了解いりません。

相互リンクも募集しています。
ご希望の方は、貴サイトにあらかじめ必要事項をご記入のうえ、
メールでお申込み下さい。

◆ 相互リンク集16


◆ その他のリンク集
01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12/13/14/15/16/

author:blush-up, category:リンク集, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -